けものみち日記 - 2017/03/17

 
カテゴリ
けものみち日記
けものみち日記/一覧 (1491)


 

2017年3月
     
17
 

新着エントリ
白地に赤く! (4/26)
四畳半のローレライ (4/22)
明日に向かって撃て!。 (4/21)
私はネコになりたい。 (4/20)
無理のきかないお年頃 (4/18)
ただし箱がデカイ。 (4/10)
お外で写真を一括送信!Σp[【◎】]ω・´) (4/5)
桜の頃 (4/3)
take a savage train (3/30)
久々のご馳走(^q^) (3/29)
トレーニング? (3/25)
トレーニングの春 (3/25)
向明天打槍!(明日に向かって撃て!) (3/23)
鎌倉素描 (3/22)
400万アクセス達成のご褒美は? (3/21)
トウがたつ (3/20)
賢者の贈り物 (3/18)
モツ野菜ラーメン、まさかの1000kcal越え!Σ((((;゚Д゚))))))) (3/17)
根性論以外知らない結果、 (3/16)
ブラウザはヤフー? (3/15)
春の訪れは冷奴とともに (3/14)
チャリ整備 (3/13)
停電発生時の暖房機 (3/11)
伝説上の生き物 (3/10)
謎のキュリキュリ音 (3/9)
両親との会食 (3/7)
架空請求メール (3/5)
水果之郷 (3/4)
野菜万歳!(ラルゴ) (3/3)

新着トラックバック/コメント

 

アーカイブ
2006年 (55)
8月 (6)
10月 (16)
11月 (20)
12月 (13)
2007年 (341)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (21)
4月 (33)
5月 (29)
6月 (25)
7月 (31)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (28)
11月 (30)
12月 (29)
2008年 (400)
1月 (36)
2月 (27)
3月 (40)
4月 (27)
5月 (42)
6月 (34)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (35)
11月 (27)
12月 (40)
2009年 (262)
1月 (32)
2月 (35)
3月 (47)
4月 (20)
5月 (21)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (12)
9月 (15)
10月 (11)
11月 (6)
12月 (11)
2010年 (79)
1月 (10)
2月 (9)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (9)
6月 (3)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (7)
10月 (2)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (16)
1月 (2)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (2)
8月 (2)
2012年 (25)
2月 (1)
10月 (3)
11月 (12)
12月 (9)
2013年 (27)
1月 (2)
2月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (4)
10月 (2)
11月 (4)
12月 (7)
2014年 (33)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (8)
6月 (7)
7月 (5)
8月 (1)
10月 (5)
12月 (2)
2015年 (41)
1月 (2)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (6)
5月 (7)
6月 (4)
7月 (9)
8月 (5)
12月 (1)
2016年 (156)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (14)
7月 (14)
8月 (16)
9月 (12)
10月 (21)
11月 (20)
12月 (18)
2017年 (56)
1月 (9)
2月 (16)
3月 (23)
4月 (8)


アクセスカウンタ
今日:1,719
昨日:2,654
累計:4,113,863


RSS/Powered by 「のブログ

2017年03月17日(Fri)▲ページの先頭へ
モツ野菜ラーメン、まさかの1000kcal越え!Σ((((;゚Д゚)))))))




Zenlogic[ゼンロジック]

スタンダードプラン 詳細はこちら




日高屋にてモツ野菜ラーメンを食べながら、幸楽苑と日高屋の角逐、そして日高屋の台頭についての経済記事を読みました。共に似たような雰囲気の低価格帯の中華料理屋チェーン。前者がロードサイドを中心に展開し後者は駅近を中心に出店しているそうです。2016年度の売上高において、ハイデイ日高は1999年の株式公開以来初めて幸楽苑ホールディングスを上回ったという。この日高屋の台頭をもたらしたものは何か。

2006年に幸楽苑は中華そばを390円→290円に値下げし、デフレ世相価格として世間の耳目を集め集客数を伸ばした。その余勢を駆って2012年には国内500店舗を誇るも客単価は減少。2015年には500円台の新ラーメンを主力に据え低価格路線から撤退することとなる。一方日高屋は駅近という立地条件を生かし、晩飯ついでに軽く一杯の「ちょい呑み」で客単価を押し上げる策に出る。ロードサイド展開ゆえ自動車利用客がメインの幸楽苑には採り得ない方法で、日高屋はライバルを突き放しにかかる。「ロードサイド」と「駅近」という両者のアイデンティティの根幹にも関わる部分での鬩ぎ合いは、非常に皮肉な作用をもたらした気がします。

他方で日高屋の出店戦略が非常に興味深いのです。あのワタミを駆逐した鳥貴族のそれと非常によく似た、と言うよりは全く同一の発想からなる出店戦略、それはライバルの店の近くに出店するというものでした。それまで関西を拠点としていたため東京の地理に明るくなかった鳥貴族は、当時隆盛を極めていたワタミの側に出店攻勢をかける。同じく日高屋も、大きくコストをかけ綿密に商圏調査を行うマクドナルドと吉野家の側に出店するという通称「コバンザメ戦略」を採った。身銭を切らずして強敵の調査を自らの集客に利用するという極めてしたたかな戦略と言えます。言うだけならタダ、真似るだけならタダ、後発の優位性をフルに生かし切ったその利益追求の鬼っぷりを是非とも僕も真似したいと思いながらモツ野菜ラーメンを頂きました。なお僕が行く日高屋さんの店員のお姉さんたちは日本語が通じにくいので、「我想要這杯拉麺!(このラーメンが食べたいの!)。我不要鍋貼!(餃子はいらないの!)。」とか言いながら注文してます。でもそれも通じてない気がします。なぜならいつも餃子がついてくるから…( ; ; )。