けものみち日記 - 2011

 
カテゴリ
けものみち日記
けものみち日記/一覧 (1480)


 

2011年8月
 
     

新着エントリ
トレーニングの春 (02:07)
向明天打槍!(明日に向かって撃て!) (3/23)
鎌倉素描 (3/22)
400万アクセス達成のご褒美は? (3/21)
トウがたつ (3/20)
賢者の贈り物 (3/18)
モツ野菜ラーメン、まさかの1000kcal越え!Σ((((;゚Д゚))))))) (3/17)
根性論以外知らない結果、 (3/16)
ブラウザはヤフー? (3/15)
春の訪れは冷奴とともに (3/14)
チャリ整備 (3/13)
停電発生時の暖房機 (3/11)
伝説上の生き物 (3/10)
謎のキュリキュリ音 (3/9)
両親との会食 (3/7)
架空請求メール (3/5)
水果之郷 (3/4)
野菜万歳!(ラルゴ) (3/3)
体重計が壊れて一ヶ月が過ぎ、 (3/2)
SH06Gに機種変更しようとしてみたところ (3/1)
3月から本気出す!。 (2/28)
モバイルルーターの利点と欠点 (2/26)
【注意喚起】謎の月額500円加算(DSDSスマホ等について) (2/25)
機種変更無料のdocomoのガラケー (2/23)
梅は咲いた。川津桜は満開らしい。 (2/23)
密航者 (2/22)
ガラケー礼賛からのスマホ推し (2/21)
ガラケー讃歌 (2/20)
【周知】三寒四温(ネット接続) (2/15)

新着トラックバック/コメント

 

アーカイブ
2006年 (55)
8月 (6)
10月 (16)
11月 (20)
12月 (13)
2007年 (341)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (21)
4月 (33)
5月 (29)
6月 (25)
7月 (31)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (28)
11月 (30)
12月 (29)
2008年 (400)
1月 (36)
2月 (27)
3月 (40)
4月 (27)
5月 (42)
6月 (34)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (35)
11月 (27)
12月 (40)
2009年 (262)
1月 (32)
2月 (35)
3月 (47)
4月 (20)
5月 (21)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (12)
9月 (15)
10月 (11)
11月 (6)
12月 (11)
2010年 (79)
1月 (10)
2月 (9)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (9)
6月 (3)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (7)
10月 (2)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (16)
1月 (2)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (2)
8月 (2)
2012年 (25)
2月 (1)
10月 (3)
11月 (12)
12月 (9)
2013年 (27)
1月 (2)
2月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (4)
10月 (2)
11月 (4)
12月 (7)
2014年 (33)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (8)
6月 (7)
7月 (5)
8月 (1)
10月 (5)
12月 (2)
2015年 (41)
1月 (2)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (6)
5月 (7)
6月 (4)
7月 (9)
8月 (5)
12月 (1)
2016年 (156)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (14)
7月 (14)
8月 (16)
9月 (12)
10月 (21)
11月 (20)
12月 (18)
2017年 (45)
1月 (9)
2月 (16)
3月 (20)


アクセスカウンタ
今日:1,758
昨日:3,575
累計:4,022,095


RSS/Powered by 「のブログ

2011年08月17日(Wed)▲ページの先頭へ
コクリコ坂から

映画『コクリコ坂から』を観にいきました。どろどろの日々の鬱屈を吹き飛ばしてくれるような、切なくも爽やかな映画でした。一緒に観にいった歳若い人たちに、1960年代の時代状況や1950年の朝鮮戦争、「カルチェラタン」と言う言葉の持つ学生自治のニュアンスを説明する役回りになりましたが、僕自身学生運動などとは無縁の世代ですので、どこまで上手く説明できたかは不明です。でもそんな事知らずとも、心に爽やかな風吹き抜けるような、いい映画でした。連れていってくれた二人に感謝。


2011年08月14日(Sun)▲ページの先頭へ
ゼロの笑点

ご無沙汰しております。お暑うございます。ご心配おかげしております。僕は、なんとか屋根を失う事なく生きています。怪我の調子は一進一退といったところで、左下肢の痺れがなかなかとれません。お盆休みでリハビリも受けられないので、ちょっと調子悪いです。

チビりにチビたフロントダイヤも、新しいものを手に入れたので、そろそろ交換します。少し涼しくなったら、また横浜や鎌倉、葉山あたりにでも走りに行こうかと考えています。ブレーキレバー周りをいじりたい思いはあるのですが、そこはオケラちゃんなのでじっとガマンの子です。

駆け引きができない。腹芸ができない。根回しができない。それで非常に遠回りしている気もしますが、それはそれでよしとします。いつか真に必要な時がきたら覚えます。あ、大家さん宅で笑点が始まったのが良くわかる目黒区家賃24700円クオリティー。でも屋根があるのって本当に幸せな事です。感謝。

状況はあいかわらず厳しいですが、と言うより首の皮一枚の剣が峰ですが、自分の奥底にある力を、今また感じ始めています。自分、反省する気全くありません。腐った物を喰らってでも生き抜いて喉笛食いちぎってやります。いきます。いきましょう。


2011年05月05日(Thu)▲ページの先頭へ
実家へ日帰り。

120キロ走破。往路は鎌倉ルート。復路は横須賀ルート。どちらかと言うと鎌倉ルートの方が得意。5時間半。意外となんということもなく一定のペースで淡々と走りました。いつでも復帰できます。昔よりも走れます。


猫柳くんにお腹周りを触られながら、

「なにこれ、おめでた?」と言われた。色々思う所あって書いた日記も、間違って全消去してしまった。細かいことを書き直す余力は無い。本日未明に出発し、約60キロを走破して葉山の実家に戻る。そして自家製マーマレードを分けてもらい、復路は第一京浜で東京へ日帰りする計画。親の制止を降り切れるかが課題だ。手術後最長の120キロコース。未明スタートを選んだのは、往路での体力消耗を避けるため。帰りは平坦な第一京浜を使う予定。軽く気負わず行ってみよう。ダメなら横浜往復でもいい。軽く、走ってみる。軽くトライしてみる。もはや半ば以上廃人のぼくにとって、ほんの少しでもトライするということは、もはや祈りに等しい。

いと高き梢の上にありて
いまはや祈る時なる


2011年04月21日(Thu)▲ページの先頭へ
700キロ

あと数日でサイクルコンピューターを購入して一ヶ月という時点で、約700キロ走破しました。月間1600キロ超走っていた頃に比べればなんと言う事もない数字かもしれない。けれど、手術前の立っているだけでもつらかったあの日々に比べると、腰の状態は格段に良くなってきましたし、走れるようになってきました。あのつらい日々を支えてくれた人すべてに、お礼を言いたいです。ありがとう。

自転車を使ったリハビリは今の季節がベスト、そう判断して始めた走り込みですが、予想以上の結果でした。最初は15キロ走るだけでゼーハー言ってましたが、見る見るうちに体が走りを思い出し、都内を走り回り、横浜へも葉山へも行けるまでになりました。人間、様々な苦境に出会う事もありますが、諦めずに歩き続ければ

♬Ain't no mountain high enough♬
♬Ain't no valley low enough♬
♬Ain't no river wide enough♬

そう思うのです。乗り越えていける。それが無理なら迂回していける。それも何よりも生きていればこそ可能な事。新人メッセンジャーの研修などを担当した時など不安を隠せない彼らによくかけていた言葉、「一日100キロ走れるかとかは気にしなくていいよ。一本一本目の前の仕事をきちんとこなしていく内に、みんな何時の間にか走れるようになるから」と。他人にかけていた言葉を、今自分に繰り返し言い聞かせる。焦らなくていい。できる事を精一杯こなせばそれでいい。近道というものは実は落とし穴だ。どん底で舐めた泥が、その目で見上げた星が、自らの道を作る。ほんの少し今の自分をおい抜け、一歩だけ。その一歩が道を作る。そう信じる。

ただ一つだけ不思議。700キロ走ってなぜ痩せん(-。-;。


2011年04月13日(Wed)▲ページの先頭へ
第一京浜はよりフラットな印象。

今朝も横浜へポタリング。片道約50分あれば十分いける。東京へ帰還後は水中ウォーキングとスイムも少しこなす。スタミナに問題はないけれど、スイムのキック時に足にかかる負担が意外ときつい。

横浜にいけるんなら、ひょっとして鎌倉にも行けちゃうんじゃないだろうか?。鎌倉にいけるんなら、葉山の実家にも行けるんじゃないだろうか?、などと妄想膨らませ中。でも横浜から向こうは山岳コースだからなー。ともあれ、体重は一週間前と同じ85.7キロ。見事に停滞期ですが、中身が良くなってきている実感があるので気にしません。気候が暖かくなってきて膝の調子も少し安定。リハビリにも熱が入ってまいりました。

そういえば昨日、南青山一丁目でパンクしている僕にタイヤレバーを貸してくれたシノダさん、ありがとうございました。約束通り、あの時の写真は誰にも見せないということでよろしくお願いします。


2011年04月11日(Mon)▲ページの先頭へ
桜がそう告げている。

朝はやはり調子が悪い、ので、すぐ薬を飲みました。サイコン誤操作してデータがパー。ついでに電子辞書も故障。あー自転車乗りたくない、けど、乗れば気持ちも上がってくることはわかっているので、今日もコツコツ走ります。花見、しようと思って自らの桜欲を限界まで溜め込んでいましたが、とある事情でおじゃん。うん、約束はしてないもんね。ダメだ。立ち上がれない。こんな時もある。自分のダメさも受け入れよう。その上で、リハビリにだけは必ず行く。最低20キロは走る。自転車にすがりついて生きてきた。この鉄のパイプを組み合わせた道具が、生きる力をくれる。先日路上でコムロさんに遭った。練習中のクラッシュでボキボキになり何度も手術を繰り返していたコムロさんが、「今なら7週連続レースでも大丈夫ぜ」、そう言った。新川まで一緒に走った。世界選手権を狙い続け揺らがないように見えるこの人も、自称「ガラスのハート」、どこがだw。でもきっと、幾度となく挫け、その度に立ち上がってきたんだ。その繰り返しを、心に練りこんでいこう。挫折こそが、自らの成長の糧なんだ。いとうな。ただしコムロさんの真似は危険だからするな。僕には僕の道がある。僕にしかできない店、必ず築き上げる。ただ、高い頂を見つめすぎると心が折れるので要注意。矛盾炉に火を入れろ。高まる圧力そして機関は加速していく。いまできることを探せ。膨大な無駄を喰らいこんでいけ。それを力にすることができるのが、僕の唯一の能力だ。そういうわけで、今日も起きる。心がダメな時は体で引っ張れ。健脚商売時代に学んだことが、支えになっている。体がダメな時は、ギアを軽くしろ。冬が終わった。桜がそう告げている。初夏がくるまでのわずかな間が、最高の適リハビリ気候。この時がくるのを待っていた。いまできること。立つ。立ち上がる。跨る。回す。桜がそう告げている。


2011年04月05日(Tue)▲ページの先頭へ
横浜往復+α

本日のトレーニングは横浜行き。2日休んで足の疲れは無し。左ひざに若干の痛みはあったものの、結局大丈夫でした。目黒本町から第二京浜で一路横浜へ。多少のアップダウンはあるものの、激坂は一切無しのハイスピードコース。横浜駅まで片道22キロ。その後みなとみらい、赤煉瓦倉庫、中華街で媽祖廟と関帝廟に参拝し、黄金町などを回ってから東京に帰って来ました。何だかんだで64キロ走破。手術後では最長距離です。ジムでシャワーを浴び帰宅してすぐにプロテインも飲みました。筋トレ+有酸素運動、やはりチャリは最高です。でも疲れたなー。

体重87.5→85.5kgへ。10日間でこれならまずまずです。そこそこ走れるデブだな。とりあえず、焦らずぼちぼち走って鍛えて落として行こうと思います。多摩川サイクリングロードも走ってみようかな?。とにかく、横浜ってステキな街でした!。

なんか疲れて食欲無いけど、食事もきちんと取ります。MTBは来週くらいには完成しそうですので、そうなったらまた色々トレーニングの幅も広がりそう。楽しみです。


2011年04月01日(Fri)▲ページの先頭へ
ひそかにロードレーサーでトレーニングを始めて一週間。

本日のロード練習は6:25amよりスタート。気温が高く、軍手はせずネックウォーマーのみ防寒装備。しかし西麻布交差点につく頃には体温も上がりそのネックウォーマーもはずす。そのまま四谷四丁目まで北上し右折。新宿通りを半蔵門まで。 そこから千鳥ヶ淵を抜け一ツ橋まで駆け下る。今日はスタートが遅かったので皇居回りのコースにランナーの皆さんがすでに相当数走っておられた。彼らとは共存せねば。もちろん歩道上では彼らが自転車より優先されるべき交通弱者だとは知ってはいますが一言だけ。市民ランナーの皆さん。夜間はフラッシャーつけて走ってください。ホントに見えません。とくに桜田門の内側などでは。最近ではペットの首輪につけて夜間の視認性を高めている点滅LEDのあれです。もちろん僕も装備しますけん。

大手町、日本橋を抜け、新川から橋を渡り佃島へ。勝鬨、一年引きこもっているうちに随分再開発されたなー。で勝鬨橋をわたり築地から東新橋をぬけ、芝から麻布十番、南麻布、白金台、五反田、目黒本町へと帰還しました。

108分
36.35キロ
アベレージ時速20.1キロ
マックス時速43.3キロ
今週の積算143キロ

最終日の今日が一番のれていました。が、いまはこれが限界。これ以上走るとガラスの膝が折れます。エンジン的にはまだまだ余力がありそうなので、スイムか水中ウォーキングを組み合わそうかと画策中です。じぶん、もうすぐにでも健脚商売に復帰できますけん、労組執行部の皆さん、なにとぞ宜しくお願いします。なお、銀座営業所所属希望ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ。


2011年03月27日(Sun)▲ページの先頭へ
汎用銀輪決戦兵器

高輪を拠点に健脚商売をやっていた頃、よく仲間たちと「大災害が起こったら、チャリって最強じゃねぇ?。ガソリン要らねーし電気も要らねー。道さえありゃあどこだって行ける。道が多少壊れたくらいなら、MTBなら関係ねーし」などと話していたのを、ふと思い出しました。まさか、現実にそんなことになろうとは。

たしかに、電車が止まっても、僕の生活には影響ありませんでした。職場までチャリ通なので。輪番停電、いつ目黒や品川で始まろうと、いつでも駆けつけますんど!。直す直すと言っていたMTBも、いい加減そろそろ直します!。

で、自転車をおりて一年と少し経ち、道ゆくロードレーサーを見かけるとあまりのそのスピードに驚きます。おいもあんなスピードで走ってたんかねー?。そりゃあコケただけで鎖骨ポッキリいくわけだ。頭割らなかっただけラッキーだったな。50tつけようと思っていた我が愛車も、しばらくはまだ39tのままでいいな。これでも時速40キロオーバーはすぐに出るし。そもそも左足は麻痺したままだし膝は右も左もボロボロだしで、重いギアなんか踏んだらあっという間に壊れてしまうな。ヤンさんになんと言われようが、ダンシングは封印で軽いギアでくるくる回していくのを基本でいきます。

話がそれました。再び自転車に乗るにあたり、新たにヘルメット購入しました。自分を守れない人間が他人を守れるわけがない、そう言われ、全くその通り!、と思った結果です。健脚商売を始めた時に買ったのと同じBELLのヘルメット。色は赤黒。とにかく近所にセキヤさんとコーフーさん(ともに有名なチャリのプロショップ)があるというこの環境、自転車に乗らなきゃウソでしょう!。

ついでに、サイクルコンピューター略称サイコンも購入。十数年ぶりだな〜。へ〜今のサイコンってワイヤレスなんだ〜。説明いたします。コンピューターという名を冠してはおりますが、要はスピードメーターです。車輪とフロントフォークにセンサーを装着することで走行距離や時速が把握できるようになるので、リハビリの助けになります。なにより、走るのが楽しくなるのです。行っちゃおうかな、今夜ロングライド行っちゃおうかな、とウズウズしてますが、明日は朝一で月一の手術後検診の予約入れているので、はやく寝なくっちゃ。って夜勤明けでさっきまで寝てたのに、もう眠れないよ〜。チョコっとだけ、行っちゃおうかな?。


2011年03月23日(Wed)▲ページの先頭へ
たからもの

震災前、なぜか古い友人たちと会う機会が多かった。学部時代にボロアパートで出会った友人とは京都で一宿させてもらい、短い時間なりに色々と話した。同学科で学び16年来の友人ら3人とも、それぞれコネチカットと九州から上京してきてくれ、たった3時間ほどだが旧交をあたためた。健脚商売時代の古い仲間二人とも、新宿で飲んだ。それぞれ多忙をきわめているし、遠隔地に住んでいる事もあって、なかなか会う事の出来ない友人たちと、不思議と一カ月の間に次々と会う事ができた。

見た目は、出会ってからこれほど時間がたっているというのに、みなあまり変わっていなかった。変わったのは、みんな昔より明らかに優しくなっていた事。他者に対する思いやりがごく自然に溢れていた事。いい時の過ごし方をしたんだな。聞けば聞くほどみんな過酷な道を歩んできていた。舐めた辛酸が、人間性を損なうどころか、むしろ陶冶している。暖かい血肉となって、身についている。

何年たっても、何年振りに会おうと胸襟を開いて語り合う事のできる友人たち、かけがえのない宝物です。そんな事を思った誕生日でした。


2011年03月20日(Sun)▲ページの先頭へ
七転び八起き

被災地の復興、恒常的になるであろう電力不足、株価の低迷、ヘッジファンドによる円の空売りへの懸念。リーマンショック以上の打撃だと言われている。あらゆる意味で、まさに未曾有の危機。

でも、なんくるないさぁ、の精神で行くことに決めた。明日は明日の風が吹くったい!。自分の力はあまりにもちっぽけ。このちっぽけな力をどう使うか?。やはり、笑顔に尽くす。それだけだ。不撓不屈、そんな精神はどこへもたどり着くことはない。幾度折れ、何度倒れ伏そうとも、そのたび砂を掴んで立ち上がる。七転び八起き。それこそが真の「不屈」だと思う。

地球は丸いけん、目指す地から遠ざかっているようでいて、実は近づいてるのかもしれない。これからも幾度となく屈してしまうのだろうけど、生きているのだから、なんとか立ち上がろうとあがいてみよう。


2011年03月12日(Sat)▲ページの先頭へ
生きている。そう思っていた。

今は、生かされている。そう感じる。


2011年03月11日(Fri)▲ページの先頭へ
Earthquake

I'm ok. Are you all right?


2011年01月12日(Wed)▲ページの先頭へ
孤独な星と星が


撮影:山本哲郎氏@麦草ヒュッテ

2010年の交通事故死者数は5000人を割り、かつて「交通戦争」と呼ばれた交通状況は改善されつつあるように思われます。

一方で、1998年以来自殺者数は13年連続で3万人超を記録。簡単に一言で「自殺」というけれども、個人的には死にたい人間などいないと思います。けれども、経済的に追い込まれたり、信じるものから裏切られたり、自分自身を信じる力を失ったり、被害妄想に雁字搦めになったり、果てに鬱病になったりして、「自分は独りぼっちだ」という実感を極端に肥大させ、自ら死を選ぶ以外に道は無いとひとりで確信してしまう、そういうプロセスは、誰しも多かれ少なかれ経験したことがあるものと思います。

そこでその実感を逆手に取り、「自分は独りぼっちだ」というところを出発点にしてみると、意外と虚無感にとらわれにくくなると、個人的には思います。そして孤独な星と星が遠く幽かな重力を頼りに星系をかたちづくるように、宇宙に向けて開いておく、何かを発しておく。わたしはーここにーいる、と。とりあえず最初の一歩はそんな感じで踏み出している日々です。

左足は、冬に入り不調です。左足首下は麻痺しています。どうも春にあたたかくなるまでこのままのようです。この痛みも、生きていればこそ。いかなる成功も失敗も、生きていればこそ。そして孤独な星と星が。


2011年01月01日(Sat)▲ページの先頭へ
トップチューブを跨ぐ。

みなさま、明けましておめでとうございます。丸山商会、元日から仕事始めであります。なんだか数年前の「いいから俺に仕事を集めやがれ!。片っ端から片付けてやる!」という気持ちが戻ってきているのを、ふと感じました。ただあの頃のように仕事を待つ、仕事をおろしてもらう、というのとは少し違います。去年はただ遊んでいたわけじゃない。一年間をまるまる使い、じっくりと仕込みをしてきました。仕事をつくる。それが今年の課題です。そしてそれ以上に健康的な生活を。人生と商いは自転車みたいなものやけん、クランクを回さにゃいつかは倒れてしまう。回す。永遠へと向かう回転へと。永遠より出で有限を生き、そして再び永遠へと帰る。たまらなく愛おしい有限のこの生。跨げトップチューブ、はめろクリート、蹴り出せ体幹。走れ、走れ。それしかできないのだから。走る事ができるのだから。