けものみち日記 - 2009/06

 
カテゴリ
けものみち日記
けものみち日記/一覧 (1494)


 

2009年6月
 
       

新着エントリ
四日連続タブルヘッダー (5/10)
虫さんが走る。 (5/9)
虫よりもひ弱 (5/7)
白地に赤く! (4/26)
四畳半のローレライ (4/22)
明日に向かって撃て!。 (4/21)
私はネコになりたい。 (4/20)
無理のきかないお年頃 (4/18)
ただし箱がデカイ。 (4/10)
お外で写真を一括送信!Σp[【◎】]ω・´) (4/5)
桜の頃 (4/3)
take a savage train (3/30)
久々のご馳走(^q^) (3/29)
トレーニング? (3/25)
トレーニングの春 (3/25)
向明天打槍!(明日に向かって撃て!) (3/23)
鎌倉素描 (3/22)
400万アクセス達成のご褒美は? (3/21)
トウがたつ (3/20)
賢者の贈り物 (3/18)
モツ野菜ラーメン、まさかの1000kcal越え!Σ((((;゚Д゚))))))) (3/17)
根性論以外知らない結果、 (3/16)
ブラウザはヤフー? (3/15)
春の訪れは冷奴とともに (3/14)
チャリ整備 (3/13)
停電発生時の暖房機 (3/11)
伝説上の生き物 (3/10)
謎のキュリキュリ音 (3/9)
両親との会食 (3/7)

新着トラックバック/コメント

 

アーカイブ
2006年 (55)
8月 (6)
10月 (16)
11月 (20)
12月 (13)
2007年 (341)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (21)
4月 (33)
5月 (29)
6月 (25)
7月 (31)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (28)
11月 (30)
12月 (29)
2008年 (400)
1月 (36)
2月 (27)
3月 (40)
4月 (27)
5月 (42)
6月 (34)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (35)
11月 (27)
12月 (40)
2009年 (262)
1月 (32)
2月 (35)
3月 (47)
4月 (20)
5月 (21)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (12)
9月 (15)
10月 (11)
11月 (6)
12月 (11)
2010年 (79)
1月 (10)
2月 (9)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (9)
6月 (3)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (7)
10月 (2)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (16)
1月 (2)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (2)
8月 (2)
2012年 (25)
2月 (1)
10月 (3)
11月 (12)
12月 (9)
2013年 (27)
1月 (2)
2月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (4)
10月 (2)
11月 (4)
12月 (7)
2014年 (33)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (8)
6月 (7)
7月 (5)
8月 (1)
10月 (5)
12月 (2)
2015年 (41)
1月 (2)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (6)
5月 (7)
6月 (4)
7月 (9)
8月 (5)
12月 (1)
2016年 (156)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (14)
7月 (14)
8月 (16)
9月 (12)
10月 (21)
11月 (20)
12月 (18)
2017年 (59)
1月 (9)
2月 (16)
3月 (23)
4月 (8)
5月 (3)


アクセスカウンタ
今日:21
昨日:250
累計:4,155,749


RSS/Powered by 「のブログ

2009年06月30日(Tue)▲ページの先頭へ
故障者リスト入り

ちくしょう!。僕は、僕はまだ走れるんだ!、なのに、なのにどうして、動け!、動けよ!。はい、そんな感じで故障者リスト入りです。手すりにつかまりながらでないと階段が上れません。体重かけていられません。立っているのもつらいです。今週全休も視野に入れて全力で休みます。今は動かないこと、それが僕の覚悟です。


2009年06月29日(Mon)▲ページの先頭へ
鎖を。

久々の休日であった昨日は、ナカザワさんとともに弦巻のオンブラさんでランチなどしながら秘密の悪巧み会合をもちました。僕の言っている事は毎度変わらず。でも、少しは近づいているのだろうか。具体的な日程も少しずつたち始めているし、近づいていると思います。あとは、自分で自分にかけ続けた呪いのような鎖の束を一本一本断ち切っていくだけです。これがフェイズ1最後の難関になりそうです。が、もう引越ししてしまうくらいのつもりで大ナタを振るい、必ずやり遂げます。今日からまた新しい船出です。諦めない限り、必ず出来る。必ずです。だから今日も精一杯いきましょう!。


2009年06月27日(Sat)▲ページの先頭へ
行動せよ!。



梅雨の中休みの間に早くも連日30℃越え。例年のように汗の止まらんごとなっております今日この頃、みなさまお元気でしょうか?。週末なのにあまり忙しくなかったので某メッセンジャー事務所にて休憩させてもらっておりましたところ、なにやら感じる視線。見やるとなにやらおさなごの熱き眼差しが・・・。仕事が無くて青色吐息の我らメッセンジャーの中に、その眼差しにて無を分泌しようというのか。ほどなく御母堂に手を引かれていってしまいましたが、これを警告と理解しましたです。「行動せよ!」との。「さもなくば去れ」との。ようしやってやろうじゃねえか!、と奮起するも金曜日はそのまま盛り上がることなくそこそこで終了。仕事を上がり、その帰り仕入れを済ませ、ジムワークを終えて新刊書店をチェックしてから帰宅しようとする(けっこう遅い時間になります)と、すり抜けざま「ちわ〜す!」とこちらに一声かけて路上を走り去るメッセンジャー一人。後輩の満拓でした。あんな時間までまだ仕事で走っているのか・・・。普段はともあれ、仕事で頑張っている姿というのはやはり輝いているな、とそう思いました。そして僕はどうだろうか。満拓に負けてはいられません。今夜はこれから夜勤ですが、さっき花がとてもきれいだったので、一晩中頑張ることにします。みなさま、今夜も頑張っていきまっしょい!。きっと輝いています(と思います)。


2009年06月26日(Fri)▲ページの先頭へ
朝からすでに26℃

最近めっきり暑いです。天気予報の根本さんは「お昼間屋外での運動は控えめに」なんて言うけれど、当然そんな訳にはいかず。しかしもうこれまでのように決死の覚悟で炎天下駆け巡るのはもうやめようと思います。ぼちぼち、えっちらおっちら、そんなノリでいこうと思います。先日知人から聞いた長続きのコツは、「一歩引いてやる」ことだそうです。今までこれが出来ていなかったのか、と中々衝撃を受けました。確かに今までは全力で突っ込んで行って全力以上の力を振り絞り、そしてぶっ壊れてしまってしばし退場、そんなことの繰り返しだったように思います。しかしこの事業は、一生分の時間を使う長丁場です。身体とこころの壊れてしまわぬよう、ケアをしながらメンテをしながら、しかしモチベーションはジリジリと高めていく、そんな感じでいけたらいいなと思います。あ、昨日は夜勤の仕事のお給料日でした。よしここは決死の覚悟で食事にでも誘うか、とも思いましたが、結局ほぼ全額その場で貯金してしまいました。馬鹿だということはわかっています。でも、あと少しだと思うのです。


2009年06月25日(Thu)▲ページの先頭へ
のんびり一歩ずつ

昨日は一日中寝っぱなしで過ごして、今朝なんとか歩けるくらいには回復しました。でもまだ調子が悪いです。とも言っていられないので、今日から職場復帰です。あまりガリガリやらず、のんびりモードでいこうと思います。仕事の合間に読書を楽しむくらいの気持ちで。お供は今日からカラマーゾフです。長編だからしばらくはこればっかりになりそうです。仕事も、読書も、事業も、のんびり一歩ずついきましょう。じれったくとも手はそれしかありません。でも、駆け出す時はもうすぐそこだと思うのです。


2009年06月24日(Wed)▲ページの先頭へ
久々に仕事が楽しかったので

昨日はやはり仕事はヒマかと思いきや、意外や待機の間もなく次々に舞い込み、残りページも少ない『デミアン』を読みきることも出来ませんでした。実に久方ぶりにこういう時の神谷町時代のならい、コムロさんやジンジンと三つ巴のデッド・ヒートとなります。適度な緊張感があって、走っていてとても楽しいのです。抜きつ、抜かれつ。やはり明らかに自分以上の力を持つ人間と張り合うのは楽しいものです。身体能力でかなわないのならば、それ以外の全身全霊全能力を駆使して二人に喰らいついていけばいい、そんな楽しい一日でした。夕方6時になって二人より一足先に上がり、仕入れへ。そして仕入れを終えジムへ。よほどお昼が楽しかったのでしょう、まだまだ気合充分。みっちりウェイト・トレーニングを行い、夜遅くに帰宅。就寝。そして今朝、寝床から起き上がれません。なんとか起き上がってもまともに歩けません。トレのやりすぎで故障してしまったようです。特に腰。身体をつくるためにジムに行って逆に体を壊すとは、馬鹿だ、正真正銘の馬鹿がここにいる。調子に乗って負荷を上げたのがよくなかったかな。やはりのんびり地道が最大の近道なのだな。まぁいい、身体で思い知らなければわからない愚か者なのは今に始まったことではないですけん。これでまたひとつ大事なことを学びました。何事も「もうちょっとやりたいな〜」くらいで終わらせておくが吉。馬鹿は馬鹿でも、学びとることだけは放棄しない愚か者であろうと思います。ともあれ本日は自主ワークアウトのやりすぎによる自主ワークシェアです。みんな、僕の分まで頼みます。


2009年06月23日(Tue)▲ページの先頭へ
カバンに本を放り込んで

ワーキングシェア初日、シェアしているはずなのに仕事がなかなか入りませんでした。いえ、シェアしているからこそこれだけ出来た、というほうが正確なのでしょう。人間文句を言い出したら本当にきりがありません。だから、僕はとりあえず今回の「シェア」というアイディアの実行を評価することにします。後は結果がついてきたらいいのですが・・・。昼間あまり走らなかったせいなのか、夜半バチリと目が醒めてしまいました。どうにも眠れないのでヘッセの『デミアン』を読み始める。途中、もしかしたらニーチェの著作物にインスパイアされているのかなと思ったら、やはりそうでした。それにしても、卵を、世界を無理に破って出ようとする鳥、二つの世界をひとつにしようとする主人公ジンクレエル(何となくヘーゲルっぽくもあります)、それが当時の読者たちに広範な支持を受けたというのも何となくわかる気がします。それは現代を生きる僕にとっても生きていく上でとても重要な課題でもあるからです。などと書いていたら今度は結局睡眠不足で朝になってしまいました。今日も仕事は少ないでしょう。でもなんとか立ち向かう気持ちで頑張ってみます。待機中に読む本を何冊かカバンに放り込んで。


2009年06月22日(Mon)▲ページの先頭へ
ありがとう。

夏至・父の日は、夜通し働いておりました。この時期、朝四時には、もう空が明るくなり始めます。たまには実家に遊びに来ないかと両親にも言われましたが、時間が無いと断ってしまいました。母の日も似たような流れでした。両親に対してはまだ何もしておらず、とんだ不孝息子です、が、そこはそれあまり深く考え込まずに、自分なりのペースでできる事を見つけていこうと思います。父上母上、いま僕は全力で頑張っております。今はそれでよしとして下さい。本日から職場でワークシェアリングが始まります。新聞紙上はやや明るい経済ニュースが見られるようになってきておりますが、現場は今まさに最悪の局面といいますか、下げ止まっておりません。苦しい時代ですが、でも僕は楽しんで生きています。生み育ててくれて、ありがとう。


2009年06月20日(Sat)▲ページの先頭へ
ただお皿がうち捨てられているだけで



都内某所のゴミ置き場に、お皿が二枚捨てられていました。ただそれだけなのに、なんだか色々と考えさせられてしまいました。とにもかくにも、どんな政党であろうと政治的立場であろうと、「政治屋」はもういらない、そう思います。



写真は某社地下駐車場にて某社社員に取り囲まれて自転車談義の的となる僕の愛機です。さて今週は5日走って、うち3日当たり2日外れでした。アベレージを計算してみると、中々のものでした(最近にしては)。まだまだ波があるのが気になるところですが、それでも「当たりの日」というのが出始めたということ自体が素晴らしいことです。なにしろ今までは「外れの日」しかなかったわけですから。なんとか、経済には上向いて欲しいものです。それから、考えてみれば当たり前なんですが、脚部をワークアウトし過ぎると仕事に差障りがあることがわかりました。ギリギリのラインを見極めなければならないようです。少しずつ少しずつ、今まで手の出なかったことに、トライしつつあります。トライできる場所にまでたどり着いたことが、今、無性にうれしいのです。


▲ページの先頭へ
渋谷ほどではないけれど



ん?、六本木交差点の一角のビルが取り壊されている。あそこ、何があったっけな?。無くなってしまうと、そこに前に何があったのか、すぐわからなくなってしまいます。でも今回は思い出しました。「アマンド」です。でも一回も行ったことなかったな。そもそもこの街だって職場があるから、仕事があるから毎日来ているだけで、そうでなければ足を踏み入れることもないような性の合わなさです。早いところもっと静かなところに移りたいものです。よっしみなさま、その日のためにもいまは踏ん張って生きましょう!。


2009年06月18日(Thu)▲ページの先頭へ
アコギじゃないわっ、エレキなのっ!。



と叫ぶ飯田橋のアオタさん(仮名)より、チームのために買ってきた中からひとつマンゴー・シューアイスを分けていただきました。しばし、忘れていた人間の心を取り戻したような心地がいたしました。感謝であります。G計画フェイズ2移行後は、こちらに寄せてもらうことも場合によってはあるかもしれないのはここだけの話です。さて今週3日間稼働した中で2回大台越え。波が激しいものの、やはり経済が底を打ち始めたのではないかと仲間内で囁きあっております。さて、コムロさんの指導の下、上司にゴマをする訓練などしてみましたが、絶望的に才能が無いということで即刻断念。この不況下、ゴマがすれないということは、常に首元を涼しい風が吹くということを意味します。しかし、「そんな記事なんか読んじゃダメッ」というご意見もいただきました。感謝であります。やはり、自分は自分の信ずる道を行くのみです。それでも駄目だと言うのならば、仕方ありません。ただ消えゆくのみです。みなさま、まだまだ色々本当に厳しいですが、なんとか踏ん張っていきまっしょい!。


2009年06月17日(Wed)▲ページの先頭へ
上司に愛されるためなら魂さえも売り飛ばしてしまおう。



昨日職場に伝票を提出して帰宅しようとしたら、僕専用のレターケースの中になにやら雑誌の切抜きが入れられているのを発見いたしました。ん〜なになに?、「上司も思わず味方する愛され上手な部下になってみないか?」、お、おお〜!、これが僕に欠けていたものだったのか〜!。他にも、「これじゃ上司に愛されない・・・嫌われNGワード集」と!。む、丁寧にも所々アンダーラインがひかれています。ん〜なになに?、「上司はそのイヤイヤ感を読み取り」「・・・威圧的な態度にもとれてしまう」とな。なるほど、僕のどのような態度が上司に嫌われてしまうのかがこれでだいぶハッキリとしてきました。ど、どなたかは知りませんが、影ながらのご支援、感謝であります!。ようし、これで僕も今日から上司に愛される部下になれるぞ〜!、やったーわーいわーい。


2009年06月16日(Tue)▲ページの先頭へ
さらさらと



昨日はゲリラ豪雨を思わせる大雨に降られたり、色々ありまして往生いたしました。でも大丈夫です。飯田橋の営業所で会った仲間たちに励まされ、元気が出てまいりました。ありがとうございます。あなたたちがいてくれてよかった。ともに苦しい時を掻い潜った仲間というのは本当に大切です。

そうです、流れの止まった水はくさるのです。今まで何度も見てきました。そしてそうなったら簡単には元には戻らない。だから僕たちはさらさら流れていけばいい。外の風に対しては開いていこう。空を見上げて行こう。


2009年06月15日(Mon)▲ページの先頭へ
1/2

今日はうれしいお給料日だー、わーいわーい!、などと浮かれながら口座をチェックしていたのですが、一瞬にして顔面蒼白に。正真正銘、2年ほど前の半分くらいになってしまいました。2年ほど前このお店のために余力を残して早上がりしていた時代のお給料の半分にも、いま全力を尽くして働いて得るお給料がならないのです。新聞を見ると底打ち感を匂わせる記事が増えてきましたけれど、まだ現場にはそんな匂いはありません。それどころか、ワークシェアリングで強制的に休みをとらせる話まで出てきました。もう何回「今まで経験したことの無いほど仕事が無い」とここに書いてきただろうか。しかし、まだまだ状況は悪くなっていきそうです。いや、仕事する場があるだけマシです。そして必死の思いで育て上げてきたこのお店を爆発的に成長させる手があるのです。色々とやりたいことなどありましたが、すべてキャンセルしました。これよりしばらくの間、全ての力を虫一号作戦の準備に傾注していきます。事ここにいたっては、「仕事を待つ」ではもう駄目なようです。仕事を、つくります。


2009年06月14日(Sun)▲ページの先頭へ
超紳士的なけだもの

一晩中夜勤を終え、ホッと一息つき上半身のストレッチなどしていたところ、いきなり左胸の筋肉が攣りました。思ったよりもワークアウトが効いている模様。でもあまり無理をしないでボチボチ超紳士的なけだものの様な身体を狙おうと考えております。



いまの僕は六本木の某公園で日がなウトウトぷよぷよしている彼奴(cats)らとあまりどっちこっちないのです。だめだ、もっともっと獰猛で野生的な、それでいて腰はあくまでも低く、仕事中は笑顔を絶やさず、でもそんなのは実は単なるポーズに過ぎず、敵に回してしまうと途轍もなく危険な、そんな古本屋にならなければ!。ネコに例えるならば、鳩はおろかカラスさえもあざむきそして狩るような、そんな古本屋になります。よぉしやってやるぞぉ!。最近なんだか気持ちが色々と前向きです。寝る前に仕入れに行って、それからジムに行こうと思います。あまり急がず、でも一足飛びに、悠然と急ごうと思います。この胸の内の矛盾が僕を衝き動かしてやまないのです。


2009年06月12日(Fri)▲ページの先頭へ
またあの海の町に

久し振りに友より便り届く。僕と同じく、3頭立ての馬車を御しているらしい。そして同じく、自分をほっとほどく時間など皆無に等しいようです。それだけに、彼が自らの「在り得る」めがけてその全力を投入しているのが、わずか数行の便りからほとばしるように伝わってきます。いきましょう。この鈍重な3頭立ても、どんどん組み替えていこまい。いずれは駿馬単騎にて、縦横に草原を駆け巡ろう。今は雑事に時間を奪われるのみです。多分、獲りにいかねば時間というのは手に入らないのでしょう。だから、前に出なくてはいけないようです。いつか近い将来、ゆったりとした時間を手に入れたら、またあの海の町にいきましょい。黒潮少年団にまじって泳ぎ回りましょう。


2009年06月11日(Thu)▲ページの先頭へ
丁稚どん



東新橋で待機しておりましたところ、眼の前を風呂敷包みを担いで悠然と自転車をこぐトラディショナルなスタイルの丁稚どんが通り過ぎ、そしてチッタ・イタリアへと消えていきましたです。思わず弟子入りしそうになりましたが、自分の事業は古本屋なのだと、すんでの所で思い留まりました。他にグッと来るのは、蕎麦蒸籠を何枚も重ねて担いで自転車をこぐお蕎麦屋さんとか。うん?、蕎麦屋さんのふりをした古本屋というのもいいな。スピーク・イージーみたいな隠し古本屋というか地下古本屋もいいです。先の話はともあれ、昨日の水揚げは一昨日の2倍くらいいきました。どうにかならんのかこーゆー波。ならせば自分に課した最低水揚げラインにはギリギリ到達といったところです。ならばよし。そろそろお給料日ですので、あれを買おうかと画策しております。「スーツ」を。色はチャコール・グレーにしようか、それともネイビーか、裾はダブルかシングルか、まだまだ決めかねていますが、多分お店に行ってその場のノリで買うと思います。あとはシャツとタイ。なぜそんなものを買うのかというと、虫一号作戦のためです。予定通りには進んではおりませんが、しかし含み足のようにして指の力でじりじりとにじり進んでおります。今日は雨、か。古傷が痛みます。先日その話を上司に伝えたところ、「メッセンジャーに向いてないね」などと言われました。何年も現場でフルタイム走り続けたメッセンジャーに対して随分な言い草です。まぁいいか。本を発送しがてら、そろそろ出勤です。みなさま、雨にも上司にも負けず、でくのぼう呼ばわりなどされたくもないが、ともあれ今日も元気に頑張っていきまっしょい!。花が咲いているだけで頑張れるのです。ありがとう。


▲ページの先頭へ
この不況を飲み込んで



芝大門交差点を通りがかったので、先日自転車ごと一本背負いをかましてくれたグリルを撮影してみようと思ったのですが、すでにズレが修正され穴が消えておりました。お巡りさんが直しなさったんかな?。ともあれ一安心です。しかし昨日は一日中働いてようやく水揚げが○万を超えるという、いまだかつて経験したほどの無いほどの低調ぶり。しかし意外なくらい自分の中の動揺が少ないのに驚いております。時給換算すればおそらく高校生のそれを下回る可能性が極めて高いのであえて計算しておりませんが、にも拘らず怒りや焦燥感といったものがほとんど無い。これに関して言えば、すでに自分に打てる手は打っているし、これ以上ジタバタしたところで何の意味も無い。ならば心静かに本でも読んでいる方が数等マシです。事業計画を練り、自らの存在可能をさぐり、くく、これくらいで潰れると思っているのか?。この不況を飲み込んで、丸山商会は産声をあげようとたくらんでおります。


2009年06月09日(Tue)▲ページの先頭へ
自転車ごと前方一回転

好事魔多し、というのはまさにその通りだと思います。はい、昨日もやらかしました。浜松町駅の近く、芝大門交差点の横断歩道を渡ろうと自転車を道の脇に寄せたところ、側溝のグリルがかなりズレた設置の仕方がされていて細長い穴が空いている状態になっておりまして、その穴に前輪がズッポリとはまり込んでしまいました。自転車自体は前方に動こうとしているところにフロントタイヤに急制動をかけたのと等しい状態、つまり自転車ごと前方に一回転して路面に叩きつけられてしまいました。危うく前を走っていたタクシーのトランクの上に落下するところでしたがそれはなんとか回避。それでもかなり派手な一回転だったらしく、通行人の男性や年配のお姉さん、そして道向こうのお巡りさんまで助け起こしに来てくれました。ご心配おかけしました。親切な方々に感謝であります。幸い時速15`前後でしたので、骨折も無く右肩と右ひざの打撲ですみました。奇跡的にフロントタイヤもパンクすらせず、そのまま仕事を続行することが出来ました。こういう道路不整備によって故障や怪我を被った場合は国交省に損害賠償請求をすることになるのですが、今回はそこまでするほどのダメージもなく、とりあえずそのお巡りさんに穴の存在を教えておきました。ともあれ、骨折しなくて良かった。今年は、G資金を死ぬ気で守ります。去年の轍は踏みません。満身創痍とはいえ、よくぞこの程度にとどめた。よーし、今年はついてるぞー。あまり調子に乗らずに、今日もボチボチいきまっしょい!。


2009年06月08日(Mon)▲ページの先頭へ
星を散らすように。



夜勤のため休みっぱなしという訳にはいきませんでしたが、なんとか二日間で歩けるようになりました。これで今日からチャリのお仕事に復帰できますが、どうやら夕方から雨が降るらしいので、まぁボチボチいこうと思います。三歩進んで二歩下がる、どうやら全力出してもそのくらいのペースのようです。ならば焦っても仕方ありません。先を見すぎてもその道のりの困難さにこころ折れがちになるので、一日一日をマメに暮らして無事帰宅することを勝利なのだと考えることにします。そんな一日々々を積み重ねることができることこそが僕の力なのだと。力といえば、今年始め頃に比べてこころに随分と力が戻ってきてくれて、これが実に嬉しいのです。焦ってばかりで追い詰められた心で暮らしていても全く楽しくない。一日々々を楽しんでいこうと思います。楽しんだ挙句に、未来をも手に入れる。うん、なかなか贅沢なプランです。経営者はたのし。動けるようになったので日吉坂あたりを流していたら、まるで星を散らしたような白く美しい紫陽花が。そういえば紫陽花って土壌のpH値によって赤か青かに色が分かれると聞いたことがあります。となると白い紫陽花の咲く土壌のpH値は7なのでしょうか?。ともあれ、星を散らすようにいこまい。


2009年06月06日(Sat)▲ページの先頭へ
怪我は恐くなくなった。病院に行けば治してくれるのがわかったさかい。

そんなイカレクライマーのようにはなりたくないものです。今日は週はじめに予約しておいた病院で朝一診療を受け、薬を処方してもらいました。来週末の予約を取って帰宅し、薬を飲んでひたすら眠り続ける。先ほど目を覚ますも、いまだ痛みはかなり残っています。しかし今夜は夜勤があるので、一晩中立ち仕事をしなければなりません。よろよろと歩くことさえ億劫だった昨日に比べれば、今日は随分よくなっているような気もします。いざとなったら鎮痛剤を使うしかなさそうです。まぁいいのです。去年に比べれば格段にうまく足回りの古傷を制御できていると思います。去年は二回も深夜に緊急外来に飛び込んだ上、一週間以上も仕事が出来ない日々を送ったわけですから。とにかく明日日曜日は一日中寝て過ごして回復を図ります。月曜日からまた元気に働こう。そういう日々を黙々と積み重ねていこう。こんな感じで、僕は元気です。


2009年06月05日(Fri)▲ページの先頭へ
あとは勇気があればいい。

「もういいじゃん、古本屋はあきらめようよ(・∀・)=ャ=ャ。」

「とりあえず虫1号作戦は9月くらいにしようよ(・∀・)=ャ=ャ。」

「また来年頑張ろうよ(・∀・)=ャ=ャ。」


昨日、そんなメールが先輩から届いた。これを、遅々としてG計画の進まない丸山商会に対するエールと僕は受け止めました。周囲に心配ばかりさせてしまっているなぁ。ようし、這いずってでも前に進むぞ!。少なくとも気持ちだけは!。何でそんなこと言っているかと申しますと、また脚が壊れました。そうなる予兆がありましたのですでに明日の病院を予約してあったのは不幸中の幸い。悪くなる時は一瞬です。去年はこういう対応が遅れて一週間身動きできなくなり、思えばG資金壊滅劇の幕開けとなったのでした。今年はあの轍を踏むまい。過去に舐めた苦汁が、丸山商会を少しは老獪にしてくれていると良いのですが・・・。少なくともカウンターをまともに喰らうことは少なくなってきたような気もします。カウンター、喰らいまくったもんなぁ。ジンジンともよく話すのですが、「オンタイム○万円しか売り上げられなかったぜ!(怒)」などとよくほざいていた過去の自分たちを蹴り飛ばしてやりたい。それが自分の力だと信じ切り傲岸不遜にそそり立ったその鼻っ柱をへし折ってやりたい。「いい時代」というのは、その只中にいる者には気付かれにくいもののようです。時代の風の力で飛んでいた僕らは、その風が吹き止めば飛べない鳥に過ぎません。リーマン・ショック以降、そのことを骨の髄まで思い知りました。しかし、飛べなくなったとて呆然としている訳にはいきません。飛べないんだったら走ればいい。力のあるものが生き残るんじゃあない。変化し続けることの出来るものが生き残るんだ。それに先の伝によれば「いい時代」とはその中にあって気付きにくいもの。となれば、最低最悪だと思っている今この時だって「いい時代」なのかもしれません。飲み水はふんだんにあるし、蕩尽すること能わずとも切り詰めればなんとか生きていくことはできる。ならば充分。丸山商会が力を蓄えるには充分。むしろ、今この時代に土を舐めることができるたこと、このことが丸山商会の力になると思うのです。ならば幸い。あとは勇気があればいい。というわけで本日は「勇気ある撤退」、つまりお仕事はお休みです。勇気をもって休みます!。


2009年06月04日(Thu)▲ページの先頭へ
20年が経ち

広場を装甲車が走り回り、軍人が本来守るべきはずの民間人に発砲し、悲鳴と怒号が交錯し、おさな心に人が人になんでこんなことが出来るんだろう、そう感じたのを憶えています。今日であの六四天安門事件から20年が経ったんですね。そして今、この大不況という時代の中にあって世界経済の牽引車としての役割を期待される中国。しかし六四天安門事件で失脚した趙紫陽や、あるいは学生たちの民主化運動の再評価はいまだなされていません。丸山商会はそんな中国と、そう無関係でもありません。大学に入る際、「アジア四小龍」などアジアの国々が勃興していく時期で、僕も「アジア研究科」に籍を置き、中でも中国の近代史を専門に学ぶことにしました。「歴史とは未来への指針である」、その時は素朴にそう信じていたのです。それまで長年にわたり歴史学会で主流だったマルクス主義的歴史観はすでにそれまでの輝きを失い、学会では「新しい客観的な歴史叙述」が叫ばれ方策が模索されていました。しかし、新しいはずのその流れの中でも、何か自分の中で小さな違和感がぽつんと生まれそして膨らんでいったのを憶えています。客観的な歴史叙述?。「かつて実際にあった歴史」にぴたりと一致する叙述というものが可能なのか?。そもそも客観的とは何だ?。主客の一致が一体どういう結論をもたらすのか?。歴史を研究することに、一体いかなる意味があるのか?。「僕」にとって歴史を知ろうとすること、学ぶこと、研究すること、それはどんな意味を持つのか?。そんな疑問に翻弄されました。周囲からは「歴史学徒が歴史を研究すること自体を無意味と考えるのか?」なんていう甚だしい誤解も受けました。修士課程に入ってからは学費を稼ぎ出すために働き出し、自転車便の世界に身を投じ、結果学校から足が遠のくという中々悩ましい悪循環構造にはまり込みましたが、でもそういった疑問はいつも自分のそばにありました。論文は随分酷い出来でした。テーマは、清朝末期に科挙が廃止されたあとその代替的制度として日本留学を利用した国費留学生たちが日本でいかなる思想を受容し、そして辛亥革命で彼らがいかなる役割を果たしていったのか、というものでした。テーマは今見ても面白いと思いますが、どう考えても当時の僕には荷が重すぎだろうと呆れてしまいます。まぁいいのです。学生としては実に出来が悪かったですが、あの学生としての日々が今の僕の血肉となっているというのは間違いないと思いますし、色々な問いに翻弄された(そして今も翻弄され続けている)のも、今の自分から見てそう悪くないと思います。真なる答えというものは、多分無い。その時々における、ある程度納得のいくような妥協点を生み出すことができるだけかもしれない。でも多分、問いというのは滔々と尽きることなく流れ続けるのだと思います。六四天安門事件から20年経った今日、ふとそんなことを考えました。二十歳くらいの頃、そう言えば中国を汽車とバスを乗り継ぎ一周する旅行をしました。とても楽しくとてもつらくとても美味しい旅だったのを思い出します。砂漠の懐かしき人々・・・。また行くか中国・・・。今度は丸山商会の市場を求め。思うに、「知ろうとすること」は人の本性。「真実」を知ろうとすることは、実は知ろうとすることでその人にとっての世界を構成しているのではないかと。ともあれ人は人である限り必ず知ろうとします。丸山商会は、そんな人の欲望の渦の中、大きくなろうと目論んでおります。


もやしっこ



先の長い丸山商会の事業の展開を考え、身体をもう一度トレーニングしなおすことにしました。写真はそのために購入したAIR REJUVEN8。かつてのハラチ・システムの後継と言っても間違いではない感じがします。エア・ハラチ、エア・モアブ、ジョーダン7などの。とりあえずワークアウト開始ですが、足回りは別によかろうということで、上半身を集中的に。結果すぐにパンパンに。やはり自転車に乗ってばかりだったので、上半身がなまりになまっています。しかしこんな筋肉疲労も実に久方ぶりなのでどこか心地よかったりもします。まめに通おうと考えています。けものみち抜けて駆け出す時のために。


2009年06月02日(Tue)▲ページの先頭へ
久しぶりの風邪ひき

昨日は珍しく風邪などひいてしまい、食欲はないし頭痛はするし往生いたしました。それでもおして仕事に出ると、朝の段階の予報では一言も言ってなかった雨が途中降り出すという始末。途中恵比寿はガーデンプレイスのベンチで休憩していると、通りがかった後輩の満拓に「長丁場なんだから無理しないで時に引くことも大事だといったのは丸山商会さんですよ」と心配されてしまう。それでもなんとか一日粘り抜く。早めに引くのは、もっと本格的な雨降りの日だけにしておこうと思います。何しろこれから梅雨のシーズンですけん、それほど降っていない日は極力最低限の水揚げ確保を優先しなければ。今朝起きてみると、風邪の具合は、よくなっているような気がいたします。しかし脚の具合がこの数日また悪くなっているような気がします。去年の夏の愚をおかすまいと、今週末に病院の予約を取りました。崖っぷちに手がかかったと思って油断していると、あっという間に谷底まで引き摺り下ろされてしまうものです。それは去年イヤと言うほど思い知りました。もうあんな想いはごめんです。次のステージが射程に入り始めている今こそ、一瞬たりとも油断せず足場を確保しなければ、そう考えております。

ところで虫1号作戦が成功しG計画がフェイズ2に移行すると、午前中は丸々丸山商会の仕入れに割かれてしまうことが予想されています。となると自転車便の方は午後のみということになります。それは収入面で不安だな、そう感じておりました。しかし昨日赤坂4丁目で待機中に出くわした同期のアーサーの話によると、むしろ午後から受注終了の時間帯のみに集中した方が効率的かもしれないとのこと。この助言のおかげで、また一歩前に出て行く気持ちが強くなりました。ありがとう!。それから、昨夜のことなんですが頭痛が酷くてとても無愛想というか素っ気無い対応になってしまいました。ごめんなさい。


2009年06月01日(Mon)▲ページの先頭へ
梅雨の中、一歩一歩前へ。

7:30

さあ今日から6月スタートです!。今までは荒波に揉まれる木っ端舟のごと、ただひたすら沈没しないように耐え続けるのみの日々でしたが、ここからは、櫓を荒波に差しこんで、暴風域脱出を試みます。ここからは、僕も変わる努力をしなければ、恐らくこのまま何も変わりません。きっとこころ打ち砕かれることもあるだろうけれど、一歩、そしてまた一歩、たとえ糸の切れた人形のようになっても、前に進んでみようと思います。



窓に覗く紫陽花も随分と大きくなってきました。もうすぐ梅雨ですね。多分雨降りの日はMTBを持ち出すことになると思いますが、先日の二日連続の雨の時は最終的に膝が痛くなってきました。色々と要因はあると思いますが、ともあれ雨の時はペースを落としてぼちぼちやろうと思います。いまは、怪我や病気が何よりも恐いのです。よし、そろそろ出勤の時間です。千里の道も一歩から。今日も一日、頑張ろうね!。



8:15

などと言っていたら、家に携帯電話を忘れてしまい、ただいま帰宅いたしました。う〜ん、この時間から釈迦力になって急いでもいいことはあまりないでしょう。むしろ危険度が上がるのみ。あ、「悠然と急ぐ」という言葉を思い出しました。よし、ゆったりテキパキ、繰り返しになりますが、今日も一日頑張ろうね!。