けものみち日記 - 2008/05

 
カテゴリ
けものみち日記
けものみち日記/一覧 (1536)


 

2008年5月
       

新着エントリ
遊覧船に乗って来ましたo(^o^)o。 (12/8)
超級月亮 (12/5)
皿の上の宇宙 (12/4)
遠回りの道 (12/2)
欲望の肯定 (12/1)
台北は昨日の最高気温が30℃だったらしい。 (11/30)
タコ焼き屋さんやりたい!(^q^) (11/29)
冬の気配 (11/26)
青天の霹靂 (11/24)
逗子の浜 馬駆ける (11/23)
ブレーキ交換 (11/22)
籠一杯の臭豆腐 (10/31)
半島を出よ (10/30)
進化は誤写の内に (10/28)
中華街で祝杯(^q^)!。 (10/25)
鍋が美味しい(^q^)!。 (10/24)
打狗鐵道故事館 (10/19)
高雄で美味しいごはん(^q^)!。 (10/18)
サトウキビの島 甘薯之島 (10/17)
リラックスが損耗を低減させている。 (10/14)
はらわたの強さ (10/13)
毒性生物 (9/14)
うどん牛丼定期 (9/8)
まるで機械のように (9/4)
冷奴と気温の関係 (9/3)
非情を告げる声。 (9/2)
秋到来?。 (9/1)
最低限の文化的な生活? (8/31)
富士は日本一の山♪ (8/28)

新着トラックバック/コメント

 

アーカイブ
2006年 (55)
8月 (6)
10月 (16)
11月 (20)
12月 (13)
2007年 (341)
1月 (24)
2月 (28)
3月 (21)
4月 (33)
5月 (29)
6月 (25)
7月 (31)
8月 (32)
9月 (31)
10月 (28)
11月 (30)
12月 (29)
2008年 (400)
1月 (36)
2月 (27)
3月 (40)
4月 (27)
5月 (42)
6月 (34)
7月 (31)
8月 (31)
9月 (30)
10月 (35)
11月 (27)
12月 (40)
2009年 (262)
1月 (32)
2月 (35)
3月 (47)
4月 (20)
5月 (21)
6月 (26)
7月 (26)
8月 (12)
9月 (15)
10月 (11)
11月 (6)
12月 (11)
2010年 (79)
1月 (10)
2月 (9)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (9)
6月 (3)
7月 (10)
8月 (7)
9月 (7)
10月 (2)
11月 (6)
12月 (4)
2011年 (16)
1月 (2)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (2)
8月 (2)
2012年 (25)
2月 (1)
10月 (3)
11月 (12)
12月 (9)
2013年 (27)
1月 (2)
2月 (1)
6月 (4)
7月 (3)
8月 (4)
10月 (2)
11月 (4)
12月 (7)
2014年 (33)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (8)
6月 (7)
7月 (5)
8月 (1)
10月 (5)
12月 (2)
2015年 (41)
1月 (2)
2月 (5)
3月 (2)
4月 (6)
5月 (7)
6月 (4)
7月 (9)
8月 (5)
12月 (1)
2016年 (156)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (10)
6月 (14)
7月 (14)
8月 (16)
9月 (12)
10月 (21)
11月 (20)
12月 (18)
2017年 (101)
1月 (9)
2月 (16)
3月 (23)
4月 (8)
5月 (3)
7月 (6)
8月 (9)
9月 (6)
10月 (10)
11月 (6)
12月 (5)


アクセスカウンタ
今日:1,592
昨日:4,212
累計:4,534,347


RSS/Powered by 「のブログ

2008年05月31日(Sat)▲ページの先頭へ
常ならざる夜



昨夜は慌てて着替えてなんとか約束の時間ギリギリで大崎の think park plaza に到着しました。こういう格好は慣れていないのでとても動きづらいのです。それにしてもコートを着ていったのは大正解だったほど寒い夜でありました。







接客の雰囲気のいいレストラン「BELLA BALLA」さんでワインなどいただきつつ、肝心の悪だくみ話をするのも忘れて無心においしいお料理の数々に舌鼓を打ちました。時間のたつのも忘れてしまうような、何とも非日常的な夜でした。とても美味しゅうございました。そして楽しゅうございました。感謝であります。


2008年05月30日(Fri)▲ページの先頭へ
なまあし



今夜、都内某所のレストランにて秘密の悪だくみ会議を開くことになっていました。仕事帰りに直接行こうと思っていたのですが、ふと冷静になると、言い訳の仕様の無いほどに短パンなまあしであることに気付きました。これは、もしかするとレストランに入れてもらえないかもしれない・・・。という訳で急遽予定を変更、一旦帰宅してちゃんと服を着て革靴を履いて再出撃いたします!。果たして間に合うか?。サイドゴア・ブーツではペダルが漕ぎ難いこと必至!。でも安全運転で行って来ます。


油断せず

この一週間というもの悩まされたアバラの痛みもようやく軽くなってまいりました。ご心配おかけしてしまい申し訳ありませんでした。もう大丈夫そうです。それにしても一昨日までの夏の暑さから一転、昨日から冷たい雨が降っております。昨日などはフリースを持って出なかったのを後悔するほどでした。今日は忘れず持っていくことにします。仕事がヒマなのにもかかわらず、気力体力ともにかなり消耗しているのを感じています。今日は金曜、一週間の締めくくりの日です。やはり仕事はヒマでしょうが、きっちり締めてかかろうと思います。みなさま、油断せずにいきまっしょい!。


2008年05月29日(Thu)▲ページの先頭へ
朝から雨!。でも明日は明日の風が吹く。

朝の通勤時間がピークのゴン振りでした!。気温と気圧が低下したためか、アバラがズキズキと疼き始めています。これ、もしかして肋骨にヒビはいってないか?という疑念は押し込め、今日も元気に自転車便のお仕事です。自転車が路面のギャップの振動を拾うたびに歯を食いしばっての安全走行を心がけております。ある意味、不景気で仕事が無いときで助かった気もしております。今、仕事が激ヒマなうちに怪我を治してしまうことにします。ところでこの「ヒマさかげん」なのですが、25%減などという生ッちょろい段階では最早なくなってきました。ここ二日ばかりは、繁忙期の約50%の売り上げ、すなわち収入半減です。ふふ、よかよか、何とかなるくさ。明日は明日の風が吹きますぜ!。逆風強風ドンと来いってなもんです。繁忙期には派手に稼ぎまわり、閑散期には辛抱強くコツコツとトライを続ける、そうやって生き残っていこうと考えております。


2008年05月28日(Wed)▲ページの先頭へ
ヒマだったので温泉へ。



昨日はあまりにも昼の自転車稼業がヒマで、芝公園のベンチで木漏れ日の下お昼寝などを楽しみました。売り上げは一昨日の60%程度。この際、この「追い詰められた切迫感」をじっくり味わっていこうと思います。そして、生き残るために何か手立てを探さなくては。ふふ、まさしく自転車操業です。ペダルを漕ぎ続けなければ、自転車という乗り物は倒れてしまいます。なかなかG計画を進められず、そのことが常に心に刺さっております。しかし焦ったりイラついたりしても良いことなど何一つ無いので、ここは一つ鷹揚に構えていこうと思います。




ところで行ってまいりました武蔵小山温泉清水湯。なんと言うか、改装前のネガティブな要素がほぼ打ち消されており、かなり温泉を楽しむことができるようになっておりました。何しろ「アパートから近い」というのが嬉しいところです。戸越銀座温泉に比べたら圧倒的に近いのです。行き着けの昭和レトロ銭湯松の湯に比べてもどっこいどっこいといったところでしょうか。となると「温泉」である清水湯は今後かなり選択肢として上位に名を連ねることになりそうです。ところでこの清水湯、小学生になっていないお子さんは何と無料とのことです。お子様連れで是非に。


2008年05月27日(Tue)▲ページの先頭へ
梅雨が過ぎれば夏。

昨夜NHKの環境番組を見ていたところ、現在北極圏の氷は地球温暖化により観測史上最も後退した状態になっており、氷という障壁が薄くなったことで空前の天然ガス採掘ラッシュとなっているそうです。う〜ん、ビバ化石燃料スパイラル!。見事なまでに美しい温暖化上昇螺旋!。「目先のカネ(化石燃料エネルギー)」と「わが子らの未来」、どういう天秤のかけ方をしているのでしょう。ごく素直に疑問に思ってしまいます。



ここの所アパートの紫陽花が日に日に大きくなっていきます。もうすぐ梅雨なんですね。こんなごく当たり前の日本の四季が失われてしまわなければいいのですが・・・。それにしても最近本当に暑いのです。梅雨が来ればその次はもう夏。うふ、メッセンジャーとして最後の梅雨、そして夏。しんどくってしんどくってしんどくってしんどくって、それでもいつか振り返った時、熱く輝いた夏なんだろうな。ようしここは一発気張っていきまっしょい!。


2008年05月26日(Mon)▲ページの先頭へ
猛暑傾向

だそうです、今年の夏は。去年の夏も酷暑日のオンパレードで死ぬかと思いましたけれど。今年は5月末の現段階で最高気温30℃オーバーだす@東京。う〜ん、何で国はもっと大胆な温暖化対策をしないのでしょう?。世界的な問題であるのだから、日本の高い技術力が世界に対して最も貢献し得るところだと思うのですが、などといった大所高所からの意見は置いておくとしても、今日この暑さが我慢ならんのです!。僕の少年時代には真夏にしか出なかったような気温が5月6月に平然とマークされるというのは、いくらなんでも生活実感からしてもヤバイと思うのです。この調子では、夏本番になればクーラーの持てない低所得層や路上生活者を中心に人死にが多く出るんじゃないでしょうか。それが天災ではなく人災だというのだから我慢がならんのです。ドイツをも凌ぐような環境立国を日本は目指すべきだと思うのですが、選挙の争点にはあまりならないですね。冬も夏もエアコンの効いた部屋で過ごす人にはリアリティのある問題とは感じられないのでしょうか。僕なりにできることをやりながら声をあげていこうと思います。


2008年05月25日(Sun)▲ページの先頭へ
崩壊



よく行く仕入先に併設されているカフェ(シアトル系ではないらしいです)でキャラメル・ラテ(だったかな?)などを飲みつつ読書。連日の自分内掟破りにもはやこれまでの人格は耐え切れずに崩壊の一途を辿っているような気すらする今日この頃ですが、それもまた楽し。まだまだ何かが崩れ去った自分のカラの中から生まれてくるような気がします。それにしても、紙コップというのはあまりにも味気無さ過ぎです。カップ類を洗う人手をそろえる人件費よりも紙コップ代の方が安いという計算なのでしょうが、それにしても美しくない計算です。環境的にもどうかと思うし。それとも「費用対効果」意識がわりと低い僕はしょせん「ボウヤだからさ」なのでしょうか・・・。これからは自前のカップを持っていくことにしようと思います。ともあれ気分はトレイン・スポッティングのラストの方、主人公レントンの独白のそれです。「吐き気のするような普通の生活」を手に入れるのです。実はそれこそが最も困難なけものみちだと、僕は思うのです。写真の『山谷ブルース<寄せ場>の文化人類学』(エドワード・ハウラー 洋泉社)の一節に、「(山谷には)好景気の影響は最後まで伝わってこないが、不景気の影響は真っ先に伝わってくる」という一節があったのですが、それってまるでメッセンジャーみたいだなと思いました。そこでこれからは、景気動向の如何に左右されにくいビジネス・モデルを構築していこうと考えております(同時に低炭素型モデルも)。


裏切り

先ほど、総アクセス数が70万ヒットを数えました。いつも応援してくださっているみなさま、本当にありがとうございます。おかげ様で、いまだ生き残っております。思えば生きるか死ぬかくらいの状況で立ち上げたこのお店、普通に考えれば最悪のタイミングでのスタートだったと思います。今だって、「きちんと一つの仕事に集中して(古本屋は一先ず休止して)貯めるものをしっかりと貯めてから古本屋にうちこんだ方が合理的」という批判を受けることも多々あります。思うに、効率的じゃなかろうが合理的じゃなかろうが、トライしていかなけりゃあ僕の精神はゆっくりと死んでいく!、金を稼ぐだけの日々では死んでしまう!と感じたゆえの仕儀、間違ってはいなかったと自分では考えています。証拠に、いま僕の心ははっきりと息づき脈打っております。生きております。多分先々振り返った時、きっと苦しくとも生き生きと駆けた楽しき日々として回想するのではないかと勝手に想像したりしております。

ところでほんの少しだけ這い上がってきた今日この頃、70万アクセスも達成したことですし、普段自分を雁字搦めにしている呪いの様な戒律を、この際いくつか引き千切ってみようと思い立ちました。「昼めしは食べない」「外食はしない」、この二つを一気に同時にやっつけてやるのです。ふふ・・・、普段が普段なだけに相当の背徳感ですぜ。行き先は五反田のカレー至宝、「カレーの店うどん」です。注文したのは5月のみ食べることのできる「やさしくない春カレー」です。



セロリ、アスパラ、挽き肉、ぷりぷりの子柱が薬膳カレー・スープの中で実に優しくない調和をば奏でておりましたです。なんと言うか、いわゆる「カレー」として、あるいは「スープ・カレー」として食べない方がいいと思います。「カレー・スープ」とでも言うべき新しい料理として先入観を捨てて食べた方がここのカレーは楽しめると思うのです。隣の席に座った男性は「スープ・カレー」として食べてしまったのか、明らかに不満そうでした。でも僕は大満足です。次は「夜すーぷ」か「濃厚甘口びーふかれー(辛口)」を注文してみようと思いますです。はい。いや〜、昨日までの自分を二重に裏切ってやって、今とてもいい気持ちです。まだまだいくらでも自分を裏切り編み変えていけるという気がしてきましたです。この際「古本屋」という先入観も編み変えていこうかななどと考えてしまった一日でした。


2008年05月24日(Sat)▲ページの先頭へ
君らがッ 泣くまでッ 走るのをやめないッ!。

新人が、増えております。結成当初7名からのスタートだった神谷町パッシォーネも、気がつけば総勢13名となっておりました。最近新人研修の研修官を担当する機会が多いのです。基本的な仕事の流れを見せるために新人を後ろにつけて走ることが多いのですが、自分自身の仕事のやり方を見つめなおすことができるので、僕にとっても得るものが大きいのです。僕は新人の時のように、いえ新人の時以上に真摯で真剣な気持ちで仕事にあたっているだろうか?。周到に緻密に抜け目無く最悪の事態を回避できるような足運びをしているだろうか?。接客修行のため(および糊口を凌ぐため)始めたこの自転車便稼業、何年やっても新たな発見があります。僕は彼ら新人以上に新人でありたいと思います。

個人的な所信表明はともかくとして、いま自転車便業界は寒い時代を迎えております。お客様方の財布の紐は固くなり、仕事は微減傾向が続き、最近の僕の試算では実に一人当たり25%も売り上げは落ちております。減り続けるパイを増え続けるメッセンジャーが奪い合っているの図であります。何しろ神谷町のエースであるジンジンですら売り上げが激減しているのですから・・・。実に寒い時代です。腕っこきのベテランですら思うようには稼げない昨今、彼ら新人はどんな思いで日々を送り、眠れぬ夜を過ごしているのでしょうか(やはり暗い部屋の中で体育座りでしょうか・・・&)。学費を稼ぎ出そうと悲壮な思いでこの業界に身を投じた自分の新人の頃の胸中を思い出すに、彼らに対する同情の念を禁じ得ません。だからせめて、メッセンジャーをやりながら事業を立ち上げ軌道に乗せ人並みの暮らしを掴むさまを見せよう、とは思っているものの、現実はなかなかに厳しくいまだ実店舗実現せず。兎にも角にも、今はコツコツ走り続けます。

などと考えていたら、金曜の夜恒例の神谷町祭りに飲み込まれてしまい、一晩明けてようやく我が家に舞い戻ってまいりました。よっし皆さま、今日も一日頑張っていきまっしょい!。


2008年05月23日(Fri)▲ページの先頭へ
痛い一日。

一日たっても身体に異常の兆しは見られなかったので、昨日も元気にお仕事です。打撲傷と擦過傷の痛みはほとんど問題ありませんが、左のわき腹あばら骨がけっこう痛みます。路面の小さなギャップをタイヤが拾い、そしてクロム−モリブデン鋼のフレームを伝わって衝撃となって左のあばらを突き上げます。思わず「きゃっ」という悲鳴が口をつきます。普段は気にならないような小さな段差が、ここぞとばかりにコツコツと脇腹を叩いてくるのでなかなかに往生しました。でもまぁこの程度の痛みなら経験があります。経験があれば耐えることは比較的容易です。それにこの不況でお仕事が少なかったのも幸いしました。



途中、広尾の木陰で青空を見上げながら昼寝。普段は絶対に昼寝などしないのですが(昼寝するくらいなら移動するので)、たまにはいいだろうと良い気持ち。



昼の仕事を終え、その後仕入れに回るなか白金のケバブ屋さんからいい匂いが。でも稼ぎが不調なので我慢我慢(多分稼いでいたとしても我慢我慢、いつまで続くのかこんなこと)。帰宅してから一昨日は控えていた銭湯に行くも、お湯の熱にあてられたのか体中の傷が盛大にズキンズキンと悲鳴をあげております。でもそんな痛みも生きていればこそ!。精一杯一日を生き抜きました。そしてみなさま、今日も気持ちで頑張っていきまっしょい!。


2008年05月22日(Thu)▲ページの先頭へ
毒蛇は急がない。

今年のお正月に「1バレル100ドル!」なんて驚いておりましたが、本日NY原油先物で134ドルをマーク。穀物も高騰。大企業の警戒心も強くなり、結果自転車便のお仕事も激減。息を止めて水底を潜行するが如き日々。しかしそうそう息も長くは続きません。仲間と街中で遭うといつもこの話題ばかり。商売替えをするかどうか、副業を持つか、そんな話しばかりです。僕はと言えば、平均睡眠時間4時間の生活を1年以上続ける中でコツコツと積み上げてきたこのお店が頼みの綱です。「俺の努力は俺を裏切りやしない!」と信じている今日この頃です。



ところで昨日ベルが鳴らず次のメールに気付くのが遅れ、その遅れた時間を取り戻すために珍しくダンシングで力一杯トラクションをかけていたところチェーンが外れ勝鬨橋で一回転。派手に転がったわりには、骨折はおろかかすり傷程度だったのが不幸中の幸いでした。ともあれ自分のスタイルを崩す必要はないということを再び肝に銘じなければいけません。力一杯急ぐ必要は無い。悠然と急げばいい。むしろその方が早いのです。急がない毒蛇になろうと思います。


2008年05月21日(Wed)▲ページの先頭へ
ねぇ、起きてよ、ちょっとは話聞いてよ。



こっちは朝から土砂降りの中走り回って仕事してるっていうのに、あなた寝てばかりじゃない。ホントいい気なものね。もう実感としては完全に不景気なのよ。仕事無いのよ。こんな台風みたいな雨風の中走り回っても大した稼ぎにならないのよ。それなのにあたしにばっかり働かせて、あなた寝てばかりじゃない。仕事探して少しは稼いできてよ。ねぇ聞いてる?。ねぇ起きてよ。ねぇったら〜!。

などと赤坂1丁目の某ビルにて惰眠を貪るネコちゃんに愚痴ってみるも、彼奴(cats)め完全に世界と一体化しており聞きやしやがりませんでした。とにかく昨日の雨はキツかったのです。そして仕事のヒマさ加減には心をズタズタにされました。稼ぎは低調なのに心身ともに疲労困憊。ちくしょう割に合いませんぜ!。今に見ていろよ。僕もハンモックに揺れて眠るシエスタ生活を手に入れますぜ。本を読んで、お客さんと談笑して、眠くなったら揺れて眠る。路地裏長屋店舗「隠れ家亭(仮)」計画、水面下にて潜行中であります。


2008年05月20日(Tue)▲ページの先頭へ
そこのけそこのけお馬が通る。



昨日は急ぎの仕事で馬場先門を抜けようとしたところ、どこぞのお殿様の馬車に行く手を遮られる。強行突破しようとして無礼討ちにされるのもイヤなので、そこはおとなしく道を譲りルートを変更して回避。それはともかくとして、今日は朝から車軸を流すような雨。仕事は少ないわ雨には降られるわ、腹は減ってるわ睡眠不足だわ、いいぜもっと来いよ!。どんと来い!。こちとらようやく体調万全、止められるもんなら止めてみやがれ!。馬場を闊歩する駿馬ではなく、戦場を疾駆する荒駒の心持ちだす。俺はここからです!。ここから戦況すべてをひっくり返します。


2008年05月19日(Mon)▲ページの先頭へ
先のこと、目の前のこと

この土日はなかなか充実した時間を過ごすことができました。常にこのくらいの充実度で過ごすことができたらな、と言いますか、そうすることができるよう努力いたします。幸い今週末も来週末もすでに予定が入っており、それが今から楽しみでなりません。でもあまり先のことばかり考えてしまうのも要注意です。今は目の前の作業・課題を一つ一つ片っ端からこなしていくのみ。ところで最近陽射しがキツイです。今年こそはキチンと紫外線対策をしようかなと思った時点で、すでに結構日焼けしてしまっております。やはり少しは先のことを考えた方がいいのかな・・・。という訳で、最近実店舗を持つことを真剣に考え始めております。みなさまに、お店でお会いできるのを楽しみにしております。


2008年05月18日(Sun)▲ページの先頭へ
不発

しばらく足の遠のいていた自由が丘に久し振りに遠征を、と思っていたら家から15分で到着。こんなに近かったか?。直線ルートを通ったら驚くくらいあっという間に着いてしまいました。仕入れも思ったより好調でしたが、真の目的は果たせず。でもこんなに近いんだったらもっと頻繁に通っても良さそうな気もします。と言いますか、通います。遠回りしている時間はもうありません。こうと決めたら直線でぶっこみます!。というわけで自由が丘から武蔵小山経由で帰宅。む!。



武蔵○山温泉は今日が新装開店の日のようです。改装したのならば行ってみようか・・・。でも改装前と同じくお湯が熱すぎたらイヤだな〜。よし、もうしばらくは情報を集めて、そして大丈夫そうだったら行ってみることにします。というわけで今日はなじみの鶴の湯に行ってきま〜す。


ゆんたく



「ズボン」の話はともかくとして続きです。二子多摩川で同僚健脚のNさんと合流し、定食屋さんでお昼ごはんを。Nさんはカレー定食を、僕は肉野菜炒め定食を。以前パイプマンと神宮前の紫禁飯店で昼飯を食べた時にも思ったのですが、昼食って本当にいいですね!。食べると何だかホワンと幸せな気持ちになります。早いところ毎日昼飯を食べることのできる所まで上昇したいものです。その後高島屋南館のスタバでお茶などを。本当にうららかな天気のなか、のんびりNさんとおしゃべりなどしました。このNさんは同僚とは言え所属チームが異なるため、普段は街ですれ違う程度しか接する機会がなかったのですが、ポンプの貸し借りなどをきっかけに昨日こうしてお話しをする機会を得ることができました。なにしろまとった空気が「大人の知性」という感じの人で、前々からお近づきになりたかったのですが、実際に話してますますその思いを強くしました。

印象的だったのはポートランドでのメッセンジャー経験の話。自動車と歩行者と法と対立しながら、それこそが「自由」なスタイルだとする東海岸メッセンジャー文化とは異なり、「安全に確実に」をモットーに社会と法と街と歩行者と宥和し、過酷な肉体労働者として社会に認知され、そしておじいさんのメッセンジャーもいるという、そんなポートランドのメッセンジャー文化、ごくごく素直に「いい」と思いました。そして「うらやましい」とも思いました。東海岸風のそれと比較すると、僕の中ではカッコいいのは明らかにポートランドのやり方です。ここにそんな事を書いたからといって何が変わるというわけでもないのですが、書かずにはおれませんでした。あ、少なくとも僕は変わったか。そして願わくば、この日記を読んだ内の誰か一人でも僕と同じ気持ちを抱いてくれるといいなと思います。

メッセンジャーの話題以外にも古本屋の話を。学生時代神保町の古本屋さんで働いていたNさんは、僕などよりもずっと古本業界の事情に通じており、非常に刺激になるようなお話を聞かせていただきました。さらにNさんは気鋭の山岳ガイドでもあり、山野や自然に関する話題はもう無尽蔵。しかし何しろこちとら頭の回転が鈍い上に口下手なので、話したい事訊きたい事の10分の1も投げかけることができなかったのが残念でならないあっという間の3時間でした。本当に楽しかったです。また是非よろしくお願いします!。今度は山の話をじっくりと聞きたいです。そしてG計画についてもまた相談に乗ってください。感謝。


ズボン



昨日は珍しく長ズボンを穿き、革靴を履き、普通の格好をして二子多摩川へと出かけました。電車に乗るのも久し振り。すっかりおのぼりさんです。それにしても「ズボン」という言葉を使うといつも思い出してしまいます。かつて同じ職場で働いたことのある「おしゃれさん」を自認する若者に、「ズボンって言わないで下さいよ〜、パンツ(→平板アクセント)って言ってくださいよ〜ヤレヤレ ┐(´д`)┌ フーマイッタネ」と見下すように言い放たれたことがあります。「ズボン」と言う言い方はダサいらしいのです。はて、そうか?。「ズボン」はフランス語の「jupon」から来たとも言われている言葉。それが正しいとすると恐らくは西洋の服飾文化が日本に入ってきて以来使われているであろう歴史のある言葉ということになります。「jupon」に相当する服飾物が日本には存在しなかったゆえにそのまま日本語の語彙の中に取り込まれ「ズボン」となったのであろうその歴史を思わずにはいられない言葉です。正味何が変なのか未だに理解できません。一体何を馬鹿にされたのだろう。おそらく「ズボン」という言葉を使うことは彼らの「おされ文化」を受容していないことのメルクマールというか一つの象徴で、ゆえに僕は「おされでない人々」の一人として馬鹿にされたのだと思います。以来、そういう意味での「おしゃれさん」はちょっと苦手です。「洒落のきいた人」は大好きですが。あと「洒落のきつい人」も。


2008年05月17日(Sat)▲ページの先頭へ
夜歩く。



月島の「能登」さんで食べて、



門前仲町の「きみちゃん」さんで飲んで、昨夜は楽しい夜でした!。付き合ってくださった皆様に感謝!。

その後、隅田川の向こうから五反田に戻ってくるのに往生いたしました 。


2008年05月16日(Fri)▲ページの先頭へ
歳々年々花相似たり、年々歳々人同じからず。



季節はめぐり、また紫陽花が可愛い花を咲かせつつあります。う〜ん、あれからもう一年か・・・。何も変わっていないような気もするし、何かが決定的に変わったような気もします。たぶん両方なのでしょう。ふふ、これからの一年間が楽しみです。酸いも甘いも苦いも辛いも味わい尽くしていこうと考えております(特に「甘い」を重点的にお願いいたします!)。みなさま、今日も一日楽しんでいきまっしょい!。


牛丼をわしわしと



神谷町パッシォーネ、交叉点から少し行ったところの牛丼屋が入っているビルに詰め所がございます。サラマンは毎朝アツアツの牛丼を買ってきては半熟卵をかけ崩してうまうまワシワシとかき込みます。その右隣には、故郷大阪を捨てて上京したばかりで貯金を崩しながら細々と生活しているカツオが青白い顔で座っております。朝食は無しです。そして左隣には稼ぎの全てを古本の仕入れにぶち込み昼食はとらずにぶっ通しで働き続けるメッセンジャー兼古本屋が座っております。朝食を摂らないこともしばしばです。そんな空きっ腹な二人の間に座り、今日もサラマンはアツアツの牛丼に半熟卵をかけ崩し、ワシワシうまうまとかき込んでいきます。美味しそう〜。(゚¬゚)ジュルリ ムシャムシャ ( ´)Д(`)ムシャムシャ ジトー(・¬・ `*)ハラヘタ・・・


2008年05月15日(Thu)▲ページの先頭へ
生死不明。



昨日の雨の中、霞ヶ関ビルへとのぼる坂の前の交差点にたどり着き、信号待ちをしていたところ、ふと目線を上げると、タクシーがバイクを組み敷いておりました。「ゲッ!」と思わず声が漏れてしまいました。ライダーもドライバーも共に姿は見えず、すでに病院へと搬送されていたようでした。生死不明。ただ、無傷ではないでしょう・・・。おもわず隣で信号待ちしていたネクタイ姿の男性と顔を見合わせてしまいました。

「こ、これは・・・」

「ゆ、油断はできないね・・・。」

「そ、そうですね・・・。」

そうなのです。路上では一瞬たりとも油断は出来ないのです。常に最悪の事態を想定し、それすらをも避けられるように動くこと、それができなければ遅かれ早かれ走り続ける限りこのような魔の瞬間を体験することになるのでしょう。生きて帰ること、それが勝利です。速度を下げ、リスクを下げ、しかして安全で確実で早い。その境地を目指します。


2008年05月14日(Wed)▲ページの先頭へ
隠匿

今日も雨にうたれて走っております。でもなんだかほんの少しだけ、昨日よりちょっぴり体調も良くなって来たような、そんな気がしております。ところで、



ふと道場の所長席の隣のプリンタの脇に目をやると、何だか通常オフィスにはあり得ないものが!。そんなまさかの気のせいだよな〜と近寄って見てみると、



いえ、僕は何も見ていません。ちょっと目にゴミが入って何も見えませんでした。いや〜、明るい職場です。今日も元気に行ってきます!。


2008年05月13日(Tue)▲ページの先頭へ
朝から雨。

ふふ、今日は朝から強い雨です。台風2号の影響らしく、風は強く気温は8℃台です。東京では真冬の日中並みの気温です。だがしかし、どんと来いッてなもんです。体調は今日も思わしくはありませんが、気持ちは朝から滾り沸き立っております。天候?体調?、それが何?。僕は僕のやるべきことをやるだけです。一歩一歩進んでいくだけです。最近あまりくよくよすることがなくなりました。変われば変わるものですね。おろろ、書いている間に雨がやんでしまいました。みなさま、今日も一日張り切っていきまっしょい!。


ところでミャンマーのサイクロンの被害には想像を絶するものがありそうですね。国家が国民の救出のために最善を尽くさないとは言語道断だと思います。しかし僕にできることはほぼ皆無、せめてと思いユニセフに募金することにしました。四川の地震被害も気になるところです。


2008年05月12日(Mon)▲ページの先頭へ
走ってみた結果わかったこと。

今日は、まともに走れるような体調ではなかったということを、骨身に沁みて思い知りました。しかしだからといって早退して家で寝込むというのもいかにも芸がありません。そこで、この体調でどこまでやれるかを試してみることにしました。結果驚いたことに、普段とほとんど変わらない水揚げをマーク。走りや体力自体は普段の50%も出せないような状態でしたが、色々手を変え品を変え創意工夫とちょっとの勇気で押してみたところ、そんな結果でした。そして17時に昼の稼業を上がり、かかりつけのお医者様のもとへ急行。薬代が予想を大幅に上回り若干顔面蒼白になったものの、回復への道程が見えたので一安心です。そして帰宅してから注文の入った本を梱包し、返す刀で郵便局へ。良い本が売れて気分も良好です。その後仕入れに回る中でも若干の手ごたえあり。体調さえ良ければ「最高」の部類に入れてもいいくらいの一日でした。ともあれやるべきことは全てやりました。最近何だか色々といい手ごたえがあるのです。なんだかいい風が吹きそうな予感がしております。その時しっかりといい風に乗れるように、全力で体調回復に努めたいと思います。そう思ってはいるのですが、明日は雨。でも雨なんかに負けませんぜ!。みなさま、気持ちで押していきまっしょい!。雨雲の上には青空です!。


走ってみなけりゃあわからないッ!。

体調は昨日よりはマシになってきている気もしますが、正直走ってみないとわかりません。実はお昼にアップされるようにしてはおりますが、実際にこの日記を書いているのは出勤前の朝7時台だったりするのです。体調を崩しているときは、「もっと身体をケアしていかなければ・・・」などと強く心に思うのですが、喉もと過ぎれば何とやらですぐにいつもの八方破れ。しかし今回から堅く肝に銘じようと考えています。ここから先は自分を大切にしなければ渡ること能わぬけもののみち。破れかぶれなやり方はもうやめます。とにもかくにも一人暮らしで体調を崩すと滅法心細いものですね。でも負けませんぜ!。ここを何とか乗り切って、これからは健康一番生活を築きます。


2008年05月11日(Sun)▲ページの先頭へ
何もない一日。

11;00

昨夜、油断してかなりセクシーな格好で眠ってしまったためか、全身を悪寒が走り喉がガラガラでイヤなセキが出ています。どうやらものの見事に風邪っぴきです。それでも朝まではテンション全開だったのですが、現在はその反動かぐったり・・・。これでは自由が丘はおろか白金台までだって行けるかどうか(ぜんぜん反対方向ですけれど)。何と言っても身体が資本!、大事にしなければなりません。どれだけ行きたくとも、今日は自由が丘はやめておく事にします。心底残念ですけれど来週末に備えることにします。と言っても夕食用の食材の買出しだけは行かなくてはなりませんが。チャリでぼちぼち行って参ります。


23:00

イケイケどんどんでテンションが上がり続けていたこの一週間でしたが、体調が万全でないということが逆に息継ぎとして機能してくれたようです。そもそも体調を崩したこと自体が、ボルテージが上がりすぎてしまった事の反動だったのやも。最高速を早くするのではなく平均速度を上げていくのが僕のやり方です。僕も成長しなければ栄光はつかめません。抜け目なく用意周到に静かに密かに内なる回転を上げ、かつそれを気取られず、気づいたときには既に手遅れなまでに侵入している、そんな風になろうと考えております。この何もなかった一日を、転機としようと思います。静かに、蒼く、燃えております。


馬賊



たまには馬にでも乗りにいこうかと思っていたのですが、あいにくの雨。昨日から降り続けです。馬、乗りたいなぁ。といってもお上品な乗馬ではなく、馬賊のようにモーゼル片手に地平線の向こうへと愛馬で駆けていきたい今日この頃です。でも鉄の愛馬があるからヨシとしますか!。それにしても休日に鉄の愛馬で遠出するのはなぜか億劫です。普段一日100キロ走ることもあるというのに、土日に6〜7キロ先の街にチャリで行くのもなぜか気が進まないのです。料理人の方が家では包丁をあまり握らないというのとどこか通じるものがあるのではないでしょうか。雨が降っていればなおさらです。でも土曜(昨日)も雨降りのため白金台に出張るくらいしかできませんでしたし、この貴重な週末を有効に活用したいのです・・・。となると、あれですか、帰省する時くらいにしか乗らない公共交通機関「電車」にでも乗ってみることにしますか・・・。それとも雨がやむのを待って午後からチャリで出張るか・・・。目的地は自由が丘。日本代表クラスの接客技術を持つ人がいるのです。その人の接客の心にたまに触れることで、自分の接客を見つめなおす機会が得られるのです。願わくばその接客の心の十分の一でも自分のものとしたいものです。そのことを考えると、胸の内をマグマが煮えたぎる思いです。あ、言い忘れておりましたが、実は良い接客を見ることが何より好きなのです(逆に言うと悪い接客態度が何より嫌いです)。そんなこんなでまだ夜も明けていない段階で完全に目が冴えてしまいました。この気持ちを忘れないよう書き残しておこう、という一幕でございました。(´Д`;)ハァハァ。


2008年05月10日(Sat)▲ページの先頭へ
男の名はサラマン



新たに神谷町道場に加入したうちの一人に、サラマンという名の若手がいます。敵か味方か、実に謎の多い男です。なかなか味わい深いその髪型は、本人曰く「ラモーンズを意識して自分で切った」ものだそうです。身長は僕よりも3センチ高い182センチという大柄さなのですが、本に夢中になっている時の無防備さを見るとまるで少年のようです↑。



さらにこの日のサラマンはこんなTシャツを着ておりました。一部にカルト的な人気を誇る「キ○ー・クイーン」です↑。集○社さんはともかくとして、小○館さんや講○社さんにお届けものをしなければならない時などは一体どうするというのでしょうか。



しかもこのサラマンは小動物が好きで、アホロートルを飼育しているらしいのです。アホロートルとは、あのウーパールーパーのことです。聴く所によると、青山道場で密かに飼育していたアホロートルが本社の人間に偶然目撃され、それを口実に青山道場はお取り潰しの憂き目にあったとかあわないとか・・・(上の写真は本社から「どういうことか?」と問い合わせてきたメールに添付してあったもの)。ということはつまりサラマンのせいという可能性も無きにしも非ず・・・o(・∀・;( ;・∀・)oドナイシヨー 。実に恐ろしい男です。しかし、しかしです。俺たちとともに成長しようサラマン!。“成長”しなきゃあオレたちは“栄光”をつかめねえ。“お届けする!”と心の中で思ったならッ!その時スデにお届けは終わっているんだッ!。というわけで、またもやイジリがいのある男が入ってきて嬉しいのです。合掌。


青山からきた男



週末金曜日の仕事を終え伝票整理を済ませてから、神谷町の道場にてスプロケットを磨いていたところ、やはり仕事を終えた仲間たちが帰ってまいりました。そして彼らが無言で机の上に積み上げていった物は・・・。



ビールの山。ジンジンと青首大根さんが大量のビールを買い込んでまいりました。僕は早上がり組なので普段この時間帯はすでに次の仕事に向かっているため目の当たりにするのは稀なのですが、これが週末恒例の「神谷町祭り」らしいのです。どうやら5月から新たに青山道場から神谷町パッショーネに加わった横井さんとサラマン君の歓迎会という名目のようでした。心強い仲間が一気に二人も増えて嬉しいのです。そしてみんなで飲んで飲んで飲んで楽しい一夜でした。けれども、昨夜やるべき仕事をやらなかった僕は、今週末二日間でその穴埋めに走り回ります。軽く飲んでさっと帰った長さんのやり方を見習いたいと思います。合掌。


1 2    全42件